札幌 夜勤専従看護師

看護師免許を持ちながら普通のレジで働く友人・・・。ブランクが長くて、もう看護師として復帰する自信がないんだとか・・・。潜在看護師が一向に減らないのも分かる気がする。

看護師の資格を持っていれば、仕事に困る事はありませんし、高給を稼ぐ事ができます。
仕事内容はハードですが、女性が男性並みに稼げる仕事です。
でも、女性の場合は、生活環境の変化によって、働き方を変える必要がありますから、実際に定年まで看護師として働き続ける、
という方は、とても少ないのではないかと思います。
結婚や出産を経験すると、仕事との両立を考えて、他の職場に転職する方が沢山いますが、退職したまま、
仕事に復帰しない方沢山いるんです。

 

私の友達もその一人なんです。
出産を期に職場から離れてから10年近く経ちます。
友人は、今はスーパーでレジのパートをしています。
看護師のパートであれば、スーパーのレジの2倍以上の給料を貰えると思うんですが、
看護師の仕事に復帰する事は、考えていないようです。
彼女のように、看護師の資格を持っているのに、看護師の職についていない、潜在看護師が沢山いるから、
看護師不足がなかなか解消されないんだと思います。

 

医療は日々進歩していますから、看護師の知識や技術も同じように変化しています。
その為、一旦職場から離れてしまうと、知識や技術を取り戻す事ができず、独学で学ぶ事も難しく、
仕事への復帰を諦めてしまうんです。
最近では、ブランク看護師の為に、プリセプター制度を導入している職場が増えてきましたが、まだまだ充分ではありません。
プリセプター制度を導入したくても、スタッフが不足している為に、なかなか思うように行かない職場も多いようです。
このような状況を考えると、潜在看護師が仕事に復帰したくてもできない理由が分かる気がします。

 

そのような点を改善できる方法がないと、ますます看護師不足に拍車がかかってしまうかもしれません。