札幌 夜勤専従看護師

呼吸器内科・外科では看取りは多かった?一般病棟での終末期看護は難しい

私は市内でも比較的に大きい病院の、呼吸器内科、外科病棟で働いています。
大きな病院なので、各地から転院してくる患者さんが多くて、がんの患者さんや終末期の患者さんなど、
重症度が高い方が沢山いますね。
オペや治療をすることで、症状が改善されて退院していく患者さんや、元の病院に戻っていく患者さんも沢山いるんですけど、
重症度が高い方が多いので、看取りも多いんです。

 

でも、一般病院で終末期の看護をするのは、とても難しいですよね。
緩和ケア病棟やホスピスだったら、看取りを専門としているので、充分なケアをする事が出来ます。
でも、一般病院の場合は、他の患者さんもいるので、医療が必要な患者さんが優先になってしまう事が多いんですよね。
終末期の患者さんには、精神的な苦痛を緩和するケアはとても重要ですよね。
ゆったりとした時間の中で、患者さんと関わって、そして、その方らしく、
最期の時間を有意義に過ごしてもらうようにする事が大切です。

 

だけど、急性期の病棟では、ナースコールが鳴り続けているし、急変やステルペンも多くて、
いつも病棟内を走り回っている状態です。
こんな状態では、患者さんの不安や苦痛の訴えを受け入れて、ゆっくりと話を聞いて上げる事ができませんよね。
看取り看護というのは、治療を目的としていないので、一般病院の病棟では内容が薄くなってしまうんです。

 

看取り看護をする為には、スタッフを増やす必要があるし、業務を見直す必要もあると思うんですよね。
充分なケアをする為にも、緩和ケア病棟を作って貰いたいと思ってるんです。
終末期の患者さんには、やはり専門とする病棟が必要だと思うんです。
私は、ゆっくりとケアする事ができないこの状況に、常にもどかしい気持ちでいますね。